04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -








スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。












何を今更・・・? 

と、お思いかもしれませんが、先日いくつかの動画を見ていて気付いたので、老婆心だと思って聞いて下さい。 また、これは浅場ではあまり関係ないのかもしれません。

ベイトリールのハンドルの握りは、個人差はあるものの、大体人差し指、中指と親指でつまんで巻いている方が殆どのように思えます。 誘って巻いている時も、ファイティング中も同じポジションで操作してあるようです。 ところが、前当たりで手が外れたり、当然針掛りすると、ドラグの調整も必要になります。 根魚の大物などは、一気に根に入ろうとするので、即座にしなくては間に合わない事も・・・

スタードラグの調整は、人差し指と親指を使って行うのが殆どと思います。 
しかし、人差し指と親指でハンドルグリップを握っている以上、ドラグの調整の時には一端放してスタードラグを調整になければなりません。 その時は巻けないのです。 ですよね?
             
私の握り方は写真のように、中指と薬指の間の第二関節もしくは第三関節の部分でグリップするやり方です。 誘い巻きをしている時に、疲れたり痛くなったりすると、人差し指と中指の間とかに入れ替えてもいますが、魚が掛かると、必ず中指と薬指の間に入れ替えます。

130420_0739071.jpg 130420_0736591.jpg 130420_0739241.jpg
 

私が考えているこのグリップのメリットとは・・・

1. 咄嗟のアタリの時に手がグリップから外れにくい(100%ではありません)
2. 手首が固定しやすく、肘を基点としてスムーズな巻きが出来る。(上腕筋を使うイメージです)
3. グリップしたまま、人差し指と親指は常にフリーに使える。
4. 指先で握るより力が入る

130420_0737421.jpg 130420_0738321.jpg

指が大きい人には、もしかすると難しいのかもしれませんが、誘い巻きをする時には第三関節で行い、魚とやり取りになった時に第二関節に移動して巻けば、ドラグ調整は巻きながら出来ます。 最初は違和感があると思いますが、何度かやっていると少しづつ慣れてくると思います。 一度試してみて下さい。 誘い巻きもカクカクしなくなると思います。


次に竿の操作です。 これも普段釣りをしていて思うのですが・・・
基本的に、タイラバにはポンピングは必要ありません。 むしろしない方がいいです。 しかし、予想以上の大物の場合、ある程度のポンピングで魚に主導権を与えない事も大切な事と思います。 潮が早いとか、風が強い時にも同じ事が言えます。 また、青物などに時間を浪費するのも損です。 当然、ドラグ調整と密接に関連します。 
そんな時には・・・

ドラグを強めに締め込みます。 といっても、ボサい(安い、ちゃちな、ボロい)リールだと、いきなりMAXになってラインが切れる事があるので、それは除いて考えて下さい。 ライン、リーダー、針などの状況に合わせた上での強めという意味です。 
ロッドはリールの少し上側に右手を添えて、基本的に自分の前に大きな丸を書くイメージで、上に来た時に素早く巻き続けながら竿を下ろします。 あるいは横8の字、またはジグザグに連続で上に持ち上げる感じで巻き続けます。 この時も、竿が頂点に来たら素早く巻きながら下ろしていきます。 この動作を繰り返します。 とにかく大げさにやります。 つまり魚の頭を自分のロッドティップの方へ向けるイメージで強引にやり取りする訳です。 こうすると、大抵の(私はそんなにデカイのは釣ってないんやけど)魚は目が回って(?)、素直に上がってくるようです。 タテにポンピングするのは、沖に走った時くらいで、特に船の下に入った時には、なかなかいう事を聞いてくれなくなり、自分が疲れるだけです。
また、周りの人にも迷惑を掛けます。
と、私は考えています。 今度デカいのをかけたらやってみて下さい。

誰にでも癖というのがあります。 よく言えば個性・・・? 治さなくてもいい癖もあれば、治した方がいい癖もあるのだと感じます。 大漁祈願のためにもご自分の操作を一度振り返ってみて下さいな。

どれもこれも、私の個人的意見ですので、これが皆さんの参考になるかどうかは分かりませんが、こんな事で悩んでいた方の、なにかしらの問題解決のヒントになればと思い、ぐだぐだと申し上げました。

暇な翁の独り言でした・・・
スポンサーサイト













第3回 鯛ラバカップ in 小豆島 

6/23に予定されている、第3回 鯛ラバカップ in 小豆島に、今年も参加させて頂く事になりました。
昨年は、3名での参加でしたが、今年は10名での参加となります!(驚)
10m~50mまでの浅場でのタイラバですので、皆苦労すると思いますが、ワイワイガヤガヤと楽しんで来たいと思います。 大会後にはうどん会も予定されています。 当然、かしわうどん中を食べるつもりです(笑)

今回もお世話になる主催者の鯛ラバーズさん、やかましい連中ですが、宜しくお願い致します
m(_ _)m










新しい運営に関して



この度、BIG1マスターから、ブログ運営を任されました、九州タイラバの会 会長のクヤ男こと徳永です。
皆様、宜しくお願い致しますm(_ _)m

引継ぎは、のんんびりとやりますので、まだまだ不十分な管理となり、皆様にはご迷惑をお掛けすると思いますが、堪忍して下さい(笑)

NEW九州のタイラバでは、九州一円、または他の地域での大会の予定告知や、会員募集、大会の企画など会員の皆様とタッグを組んで取り組んで行きたいと思っています。 

九州タイラバの会 会長 クヤ男
         福岡支部長 タイラバマン
         長崎支部長 ユッキー











春季大会は!



クヤ男です。
オブザーバー3名の方を加えた、総勢13名での九州タイラバの会の春季大会は上五島で行われ、怪我人もホゲ人も出ず、無事に終えることが出来ました。
参加された皆さん、上五島漁協の関係者の皆様と、船長さん達、本当にありがとう御座いました。
今大会で、急性中毒患者3名が緊急入院される事になりました! 

九州タイラバの会は、九州各地のタイラバ中毒患者の唯一の専門治療院として感染患者受け入れをしています。 
誰にも相談できなくてお悩みのあなた、今こそ当院にご連絡を!!(爆)













野母崎レポートを掲載しました!



12月2日に82㎝の大マダイを釣られた324嬢さんのレポートを掲載しました。

ハチマル超えは簡単そうでなかなか出ない記録です。

それを仕留めるとはお見事!としかいいようがないですね!




ところで・・・最近はブログの更新頻度が落ちてきています(^^ゞ

というのも、釣り業界もFBの普及が進み、多くのアングラーが利用するように

なってきました。

九州タイラバの会の各会員の連絡や情報などは、すでにFBがありますので

そちらをご利用いただけたらと思います。

アドレスはこちら
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。