01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -








スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










水温低下でも玄界灘は熱かった!



マスターです。

2月23日、飛燕さくら丸さんで行ってきました。
今回はCOHのクヤ男さん、タイラバマンさん、それと熊本の釣友である
まこっちゃんと私を合わせた4名です。

午前5時半に出て、のんびりペースで七里ヶ曽根へ。
前回2人で10枚を釣ったクヤ男さんとタイラバマンさんは鼻息も荒く
目標をナナマルオーバーに見据えています。

いっぽう、私はというと、夜に飲み会があって、そこで出す魚を
釣らなくてはならないというプレッシャーが・・・!
いつもなら2~3枚は釣り上げる自信はあるのですが
今日に限って水温が今期最低をマーク。
はたして魚は口を使ってくれるのか心配です。

やがてポイントに到着し、各自好きな釣り座で釣り始めると
まずはレンコのお出まし。
しかし、当たりは極端に少なく、潮の流れもふらふらして
どうも釣れる気がしません。

そんな中、ようやく本命の当たりが私にあり、小型ながらも続けて2枚をGET。
ヒットカブラはするするラバー♯80のオレンジです。
20110223-7.jpg

しかし、この2枚の後は沈黙が続き、2~3投しては
休憩といったぐだぐだした時間が経過します。
船長は「潮が変わる昼から釣れるよ」と冷静で、
「ま、ラーメンでも食わんね」とみんなでラーメンタイム。。。

やがて午後になって潮が通し出すと、左舷前方のタイラバマンさんにヒット!
やや早巻きの40回で一気に食い込んできたそうです。
20110223-2.jpg

20110223-3.jpg

133mの水深から上がってきたのは・・・70㎝にあと1㎝足りない69㎝・・・!
20110223-5.jpg

20110223-6.jpg
それでもこのクラスが釣れれば十分です。
私すれば夜の魚が釣れてニコニコ!
だって自分のは小さいですモン・・・(汗)


このマダイが上がる前に、船尾のクヤ男さんにも!
20110223-4.jpg

20110223-8.jpg


この時合いを逃してなるものかと、私も急いで投入。
着底までもどかしいです・・・(アセアセ!)

そして、すぐにカカカカという当たり。
乗りました!!! しかし、ん?引きがおかしい・・・レンコ???

20110223-1.jpg
な~んと釣れたのはマグロのエサでした(笑)

それからもクヤ男さんはマダイを連発、タイラバマンさんはレンコを連発(爆)
そして私はイカを連発し・・・午後3時にストップフィッシング。

3人でマダイ7枚、レンコ爆釣、イカ3バイの釣果でした。
13℃の水温でも潮さえ動けばマダイは釣れる、それが証明できた今回の釣行でした。




スポンサーサイト









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。