06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -








スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










第3回大会報告



タイラバマスター1号です。
熊本のまっつんさんより「鯛ラバ委員会」の大会レポートをいただきました。




熊本県内でも確実にその愛好者が増えているマダイのラバージグ(タイラバ)。
魅力は手軽なタックルで大型が釣れることです。
釣り初心者よりも長年いろいろな釣りをやってきたつわものが嵌りまくっています。
私が加盟している「鯛ラバ委員会」(会員数51名)はまだ歴史が浅く、
ノウハウも確立されていない鯛ラバのノウハウ共有と情報交換の場として作られたクラブです。
そしてクラブ員の親睦と半年毎に競うトーナメントの〆たい会(第3回)を
4月11日に天草パールマリーナを会場として開催しました。

今回は参加者20名が会員が所有する5艇のボートに分かれて釣ることに。
昨年の10月1日から大会前日の朝までの最大魚は私の84㎝。
「明日、数は釣れても型は出ないで!」と密かに願いつつ、
土曜日(10日)の早朝に調査と称して、中学生の時からの釣り仲間の池田さん(鯛ラバ丸)と
湯島沖へ出かけてみました。
ポイントを移動しながら速い潮に苦戦(途中からシーアンカー投入)したものの、池田さんに待望のアタリ!
「あまり走らない魚に1㎏くらい??」とやりとりしていると途中からドラグが鳴り始め良型を確信。
上がってきたのは本人の新記録88㎝7㎏の本命でした。
(マリーナで計量したときには85センチに)
これで私の記録は2位に後退(涙)、明日への期待を込めて帰港となりました。
88㎝7㎏池田さん
トーナメント締め切り前日にトップになる85㎝を釣り上げた池田さん


そして大会当日、なぜか潮が流れません。他の仲間の船も流れる場所を探して右往左往!
その中で「さくらⅡでナナマルクラスが3枚釣れた!」との情報が入ります。
場所は鬼池沖!!他の船も一発を狙って鬼池沖へ走りますが時既に遅し・・・
小型を釣り上げた者が数名出ただけでストップフィッシングの13時になってしまいました。

大会優勝は、そのさくらⅡの船長で昨年から鯛ラバに嵌りまくって
足繁く湯島~鬼池沖へ通っている宮本さんが獲得。
そして2位3位と宮本さんの船の同乗者が獲得しました。

<大会結果> 
トーナメント優勝 池田 85㎝
       2位 私  84㎝
当日    優勝 宮本さん 79.5㎝
       2位 今村さん 75㎝ 

またこれから、半年間のトーナメントがスタートします。次回はキューマルを狙って優勝を狙います(会員全員が、そう思っています・笑)

第3回タイラバ大会









COMMENT

Comment Form
公開設定




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。