04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -








スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










バラシ対策



タイラバマスター1号です。
デカ玉さんから「バラシ対策」に関するレポートをいただきました。
アシストラインの長さについての見解です。



タイラバでは魚の活性が低いとアタリはショートバイトになります。
このため私はフックシステムを長めにとって、それである程度効果を実感していました。
ところが、ある日のこと、乗るけどバラすというバラシ病に感染してしまいました。 
そのときの状況はこうです。
当たりがある→合わせる→魚が掛かり、やり取りを開始する→30mくらい上がる→
ふっと軽くなり、すっぽ抜けたのが分かりガッカリ・・・(涙)  
通常、バラシの原因ではフックの伸びが考えられますが、
このときはフックにはまったく問題なし。ハリ先をチェックしても変化はありません(??) 

原因が分からないまま釣りを続行すると、なんとなんと連続で10回のバラシ劇!
さすがにもう取り込める気がしなくなります。 
もちろん何もしなかったわけではなく

①ドラグをある程度締めておく 
②合わせずにそのまま巻き巻きする 
③2度合わせを入れてみる 
④ドラグを取り込む時くらいに強めに締めておく

しかし、残念なことにどれも効果はありませんでした。 
そして自分で出した結論は・・・針掛かりは時の運!!でした。

それから数日後、タイラバマスター1号さん、2号さんと(さんを付けるな! 笑)同船することになり、
先日のリベンジと思っていましたが、やはり同じ状況に。
それでもバレるなよ~と上がってきたのはまあまあのオス。 
ハリを外そうと思って見ると、なんと上顎の奥の方に掛かっていました。
「よくバレんかったなぁ!」と関心していたら、2号さん(さんを付けるな!って! 笑)が、
「ハリが長すぎやない?」・・・

ガーン!! ショートバイトを恐れたあまり、常にショートバイト対策をしていたのが原因??? 
そーです! 賢い皆様は、すでにお解りだったでしょうが、私はこの時始めて気付いたのです。 
魚が乗るんだからショートバイトやないんです。 
ショートバイトはゴツッと当たって終わり、ガツガツと当たって終わり・・・
つまり、ハリに乗らないのです!!!
 
さっそくアシストラインを短めに変更したら、あーら不思議! 
それからはバラシがなくなって爆釣モードに!
釣行後は普通の長さのフックシステムを作り直したのでした・・・(失笑) 
皆さん、フックシステムの長さって大事なんですねぇ~!(驚+バカ)


アシスト
↑の一番上はTGオルカ(参考)の標準フック4㎝+6㎝。
真ん中が自作のシュートバイト対策用ロングフック。
一番下は標準フックよりも少し短いタイプです。

TGオルカやソルティーラバーなど、オープンリングでフックを固定し、
その根元にスカートやネクタイを装着するタイプのカブラは、ボディーの長さが長くなるので、
その分フックも後方になります(↓写真参照)。
ヘッド

これらは、もしかするとそのままショートバイト対策になっているのかも?? 
いずれにせよ、ご自分が使っているカブラでショートバイトばかりで、なかなか魚が乗らない現象が発生したら、
フックシステムの長さを変更してみるのは、かなり効果的な対策だと思います。

長めにしてもフッキングに至らない場合は巻きスピードの問題かもしれません。
遅く巻いたり、速めに巻いたり、工夫してみて下さい。 
最近の私は乗りが悪い場合は速めに巻くようにしています。
理由は・・・ 渓流でドライフライを使って釣るとき、流れの緩いトロ場の場合、
魚はフライをゆっくり見て、偽者と見切りますが、流れの強い場所では
流れるフライが偽者かどうか判断する時間がなくなり、
とっさに口を使うという経験からです。 

一概にこれが正解とはいえないとは思いますが・・・








COMMENT

Comment Form
公開設定





これまで全てのフックは、3センチと4センチに統一していました。
参考にさせていただきます!

    まっつん
    URL
    2010.05.10(Mon)
    Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。