04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -








スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










タイラバ探検隊が行く①クイズ編



タイラバマスター1号です。

タイラバマスター2号さんは今ごろ海の上です。
さあて釣れているのでしょうか???


私は昨日あるところにタイラバに行ってきました。
結果は小ダイしか釣れませんでしたが
通えば絶対に釣れると思います。

なにしろ過去にタイラバで挑戦した人はおらず
まったくの未開拓ゾーン!
しかし、この海域の魚影の濃さは
さすがの玄界灘も負けるくらい(だと思います)。
また肝心の受け入れ体制も今回の釣行で
船長側とあれこれ話すことができ、
今後は積極的にやってくれることを約束してくれました。

で、その釣り場ですが・・・
いきなり出しちゃおもしろくないので
今日は写真でヒントだけお見せします。

では、まず2枚。
P1000586.jpg P1000612.jpg
港で出船を待っているのは、そう、なら丸の船長です!
私が行くと行ったら「ぜひ連れて行ってください」と
同行を申し入れてきました。
他の釣り場に行って勉強する姿勢って素晴らしいことだと思います。
右は船のデッキです。でもこれだけじゃわかりませんよね(笑)



P1000590.jpg P1000594.jpg
次は魚探です。普段はほとんど、いやまったく使っていないそうです(汗)
だから海底の地形も「さあ?」とのことでした。
GPSも付いていますが、当日はもっぱら「山立て」で
ポイントを探っていったのでした・・・(笑)
右はこのエリア特有の潮切れです。これが魚影の濃さを
物語っています。


さあ、ここまでで分かった方はスゴイです!
まだ分からない方は続きをどうぞ!


P1000605.jpg P1000599.jpg
なら丸の船長がマダイを掛けたところです。
でもこれはヒントになりませんね・・・
右は船の上方ブリッジから撮ったものです。
あれ~、どこかで見たことある船だと思いませんか?


P1000592.jpg P1000622.jpg
さて、これでラストのヒントです。
釣り人をよ~く見て下さい。
あれあれ、どこかの船長みたい(笑)
前はダイエー、そしてマリナーズ、今はタイガースに
いる選手がオフになると毎日のように来ています!
そして右の磯は・・・はい、この界隈の名礁のひとつです。
満潮時はほとんど沈みます。
イシダイ釣り師なら、ほら、あそこです!


いかがですか?
お分かりになりましたでしょうか。
九州で磯釣りをしている方なら
大体察しがつくと思います。

ちなみに私はタイラバを始めてすぐから
「いつかここでやってみたい」と思っていました。
その思いが今回実現できて大変感動しました。
秋になれば99.9%釣れる横綱クラスの釣り場になるのは必至!

明日は釣行記をお届けしたいと思います!
もし明日まで待たないという方は
今日~明日とクラブハウスにいますので
遊びにおいでください! では!!!










COMMENT

Comment Form
公開設定





後ほど

メールにて!  (^0^)

たぶん?あそこですね!

あそことしたら、もろ潮によってあたりが変ります。


    まっつん
    URL
    2010.06.12(Sat)
    Edit
わかりました


1号さまお疲れ様です!
わかりましたよ あそこは磯からも大タイが釣れますもんね
も少し近ければですよね!

    bucchi
    URL
    2010.06.13(Sun)
    Edit
今度は連れて行って下さい!


僕もわかりました~!

帰りには、必ずチャンポンや鳥めしやら食べて帰るところですね...

だいぶ近くなりましたが、昔は遠かった...
フェリー降りたらカーレースでしたからね!

    タイラバマスター2号
    URL
    2010.06.13(Sun)
    Edit
やはり!


みなさん、お分かりみたいですね。

本当は今日にでも釣行記をUPするつもり
でしたが、昼からサボってキス釣りに
行っていたため今から仕事です・・・
明日には書きます。。。



    タイラバマスター1号
    URL
    2010.06.14(Mon)
    Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。