05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -








スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










冬凪を狙って



マスターです。

なかなか釣行できない日が続いていますが、ようやく凪になった1月21日、
飛燕さくら丸さんで玄界灘へ繰り出しました。

今回は竿テンヤのお客様2名、タイラバ1名(私だけ、ラッキー!)の計3名。
のんびりムードへ水深100~120mのディープエリアへ。

私の釣り座は左舷中央。さくら丸ではここが一番しっくりきます。
20110121-3.jpg
以前は、ここから操舵室の魚探が覗けましたが
久しぶりに乗船したら魚探の設置場所が変わっていました・・・(>_<)
それでも船長は常に「いま反応が出た。ボトムから30巻付近」などと
アドバイスをしてくれるので助かります。

最初は従来のタングステンを装着して海底へ。
すると2回目のフォールで押さえ込むようなアタリ。
マダイ特有のカカカッというものではないので
根魚だろうとゆっくり竿を立てるとバッチリとフッキング。

しかし根魚とは違う引きでレンコダイかも?と思って巻き上げ
水面に浮いたのは正真正銘のマダイ!
1投目から釣れるとは今日は久々に大釣りの予感!!!

竿テンヤ組も1投目からマダイをキープし、
早くも船上はヒートアップ。

ここでカブラをCOHさんから預かっている試作品に変更。
ボトムから50巻くらいでスーッと押さえ込み、
そのまま巻き続けるとググーッと向こうアワセでフッキング。
型は小さいものの2投で2枚は気分最高!
20110121-1.jpg
ディープでもきっちりと答えを出した新作カブラ。
カブラはノーマルで釣れることにこだわる私には最高。
石鯛釣り師ゆえスカートやネクタイを頻繁に交換するのは
面倒臭くてキライなのです!(笑)

さらにアタリは続き、3枚目のマダイをキャッチした次はアマダイ登場。
20110121-2.jpg
コイツはボトムを横に走るようにしてフッキングしてきました。

この間、約1時間ちょいで、これは久々に2ケタかも???と
期待していると、潮止まりまであと1時間もあるのに
まったく動かなくなり、それに伴ってアタリもピタッとなくなってしまった。

その後、2時間、3時間経てど状況は変わらず、
ポイントを変えてみることに。

すると午後になってアタリが復活。
しかしヒットするのはレンコばかりで、竿テンヤのお客さんの
クーラーにポイポイポイと(笑)

ようやく4枚目のマダイが来たのは納竿前で
私が魚を外していると、船尾の竿テンヤの方にいいアタリ。

20110121-9.jpg

20110121-4.jpg

20110121-5.jpg

20110121-6.jpg
上がってきたのは本日最大のロクマルでした。


20110121-7.jpg
帰港後の3人分の釣果です。大きいのはすべて竿テンヤ・・・(涙)
でも、まあマダイが釣れて良かったです!

20110121-8.jpg
持参したクーラーに合わせて釣りました(爆)


今が玄界灘の最低水温だろうということで
2月になれば徐々に上がっていくはず。
そうなればグッと釣況は上向きに・・・!!!

今年もタイラバはおもしろくなりそうです。

[釣果]
マダイ・・・4
アマダイ・・・1
アラカブ・・・1
レンコ・・・・たくさん

※フックアウト2回! ハリス切れ1回(フグかな?)














COMMENT

Comment Form
公開設定




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。