10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -








スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










玄界灘のテンヤVSタイラバ?



マスターです。

のぼり鯛のウワサがちらほら聞こえ始めた3月5日、

玄界灘へ行ってきました。

今回は通常の釣行(タイラバ船)ではなく、あえてテンヤ船をチョイス。

その理由は、活きエビを使ったテンヤ釣りと、エサなしのタイラバでは

どのくらいの差がつくのかを調べてみたかったからです。

タイラバにハマッた多くの人は「エサを付けるのは邪道!」といって嫌いますが

もともと磯釣り師の私はそんなことにこだわりはありません。

エサを付けて釣果があれば付けるし、付けなくても釣れれば付けません・・・!

ただ、数年この釣りをやってきて感じたのは

マダイが釣れるときは「エサがあってもなくても同じ」ということ。

つまり、エサを付けても食い気のあるマダイがいなければ釣れないし

食い気があるマダイがいれば、エサがなくても釣れる!ということです。

それともうひとつ。実際にテンヤとタイラバの人気の度合いを知りたい

ということもあります。

いつもタイラバ船に乗っている限りでは、テンヤ人口がどれくらいいるのか

またテンヤの人たちはタイラバに興味がないのか、あるいは知らないのか???

それを目の当たりにすることはできません。

そこで、いつものメンバーであるクヤ男さんとタイラバマンさんを半ば強引に誘い(笑)

福岡市姪浜の海遊丸さんの乗り合いに混ぜてもらいました。

能古島渡船場横から出港するこの船は、今までに乗った遊漁船では最大級で

10人は余裕で釣りができる広さがあります。船室は前に4~5人、操舵室に3人、

さらに操舵室の下に3人が乗れるスペースがあります。

5時半過ぎに出港して1時間半、壱岐北部の勝本周辺に到着。

さっそくパラアンカーが入れられます。

周囲を見回すと風車があり、右には勝本の港が。

俗に「風車前」と呼ばれるポイントで、ここでは過去に良い思いを何度かしています。

20110305-1.jpg

事前に船長から釣り座を指示されていたので

われわれタイラバ3人組は左舷の表から順に並びます。

水深は80m弱。前回は130mあったので50mも浅いここは手巻きでも楽勝です。

さっそく#80のするするラバーをセットして釣り始めます。

2~3投はバイトもなく、テンヤ組はサメが釣れた模様。

5投目くらいのとき、底から30巻でアタリがあり、すぐにフッキング!

しかしこれはレンコダイ・・・。

その後は何も当たらなくなり、手釣りのテンヤで50㎝クラスが出ただけで

みなさん沈黙・・・。

次にやや西側に移動するも、ここもアタリは遠く、クヤ男さんが小型を1枚キャッチしただけ。


これでは課題を探ることもできません(>_<)

20110305-2.jpg

ようやく沈黙が破れたのは、そこからさらに西に回った付近で

ここからはテンヤ組が怒濤のラッシュ!

振り返ると2人、3人と同時に竿が曲がっており、

さらにトモ側の手釣りでもマダイがどんどん上がる。

が~~~~~っ!!! タイラバ3人組には当たりません。

いか~~~ん!!!と、内心焦っていると、タイラバマンさんの

ロッドに変化が現れ、乗った!と思ったら・・・あれま、外れ・・・!

すると今度は私のロッドがグッと重々しく押さえ込まれ、

そのままズズ~ンとゆっくり走り始めました。

咄嗟に「デカイ!」そう思ってドラグをやや緩めると

まさに大ダイそのもののパワー溢れる走りが!!!!!

しかし、逸走が止まる前にリーダーが持たず痛恨のラインブレイク・・・!

あ~、ついていません。

その後は掛けても食いが浅いせいかバラシが連発し、タイラバマンさんから

「負のスパイラルですね!」といわれる始末(号泣)

クヤ男さん、タイラバマンさんが苦戦しながらも

釣果を重ねていく一方で、焦りまくりの私・・・。

ようやく小さいながらマダイを1枚仕留めたときはタイムアップ寸前で、

苦しい苦しい釣りでした。

帰港後に全釣果を数えると58枚。

このうちクヤ男さんが4枚、タイラバマンさんが2枚、私が1枚で

タイラバ組の合計は7枚(平均2.3枚)。
20110305-5.jpg


残り51枚はすべてテンヤでの釣果であり、8名がいたので

エサ釣りの平均は6.3枚という計算になります。


つまり結果だけをとらえるなら、エサ釣りの圧勝で、タイラバの惨敗。

でも負け惜しみではありませんが、もう少し水温が上昇して

マダイに活性が出たら、釣果の差はそんなにつかなかったのでは

と思いました。

また型でいえば、タイラバマンさんの釣ったマダイが最大で

私のバラシを含め、タイラバでは大型が釣れる、そう考えていいかも知れません。
20110305-3.jpg

この日、周辺にはテンヤ船が30隻はいたと思います。

1船平均で8人が乗船していたとすると、30×8で240人!!!

これは凄い数字ですね。まるで男女群島みたい(笑)


ということは、まだまだタイラバではなく

テンヤ釣り人気が高いということでもあります。

手釣りのテンヤ→竿テンヤ→タイラバという具合に

タイラバ人口が増えてくれれば。。。

地道に頑張りましょう!


※釣行予告
3月10日にタイラバ行きます。ご一緒したい方がいたらコメント欄に。
船は「飛燕さくら丸」ですよん!














COMMENT

Comment Form
公開設定



釣行予告


行きます!

    クヤ男
    URL
    2011.03.07(Mon)
    Edit


今度は動画が撮れるヤツを狙いましょう!
そして元気な魚はリリース!!!
とくに小さいものは食べたり、やったりしてはいけません!


    マスター
    URL
    2011.03.07(Mon)
    Edit
釣行予告


小さいのは勿論リリースします! でも、大きいのもリリースします(><)

小さいので、ふと思ったのですが、熊本の幼女殺人事件ですよ! いい年をした大人が、変体染みた事で、親御さんの気持ちは如何ばかりかと・・・ 自分の娘が、と思ったら、虫唾が走ります!! 「まさか、あの人が・・・!?」って、聞き飽きた台詞ですよね!! 死刑!

あ、釣りの話でした。 ナナマルのリリース動画が撮れるように頑張ります!! (^^)v

    クヤ男
    URL
    2011.03.08(Tue)
    Edit
残念・・・


明日は中止。どうも釣行予定を告知すると流れますね・・・(泣)
金曜日もアヤシイ・・・!

事件を起こす輩も問題ですが、
天気も気になります。
日曜日は晴れて凪そうですが
「行かない方がいいかも」ってお告げが・・・!(笑)



    マスター
    URL
    2011.03.09(Wed)
    Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。