06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -








スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










難しくするから増えない!?



マスターです。

義援金ステッカーは間もなく1000枚に達するところです!
釣り人の皆様の温かい心に感謝致します。
来月早々に日本赤十字社に送らせていただきます。

さて、昨日(3月24日)は、今秋に発売予定の新製品テストに行ってきました。
今回は「たいらぶ工房」という、新しいブランドが出すもので
船からのマダイ釣りを、より簡単に、より多くの方に楽しんで
いただくためのグッズ(?)です。

すでにお気づきとは思いますが、釣具店に行っても
「タイラバ」というコーナーは次第に消え去りつつあります。
大売り出しのチラシにも「タイラバ」は見当たりません。

今年の大阪フィッシングショーでも「タイラバ」という言葉は
ほとんどなく、今まで盛んにアピールしてきたメーカーでさえ
撤退しつつあるというのが偽らざる現状です。

昨年、あれだけ盛り上がった(九州ではさほどでもなかった)
一つテンヤも、今年はまったく名前すら聞かなくなりつつあります。
冬~春はシーズンオフというのもありますが
メーカーも急ブレーキ・・・???、そんな雰囲気があります。

しかし、先日も九州のタイラバで掲載しましたが
テンヤ釣りはというと、週末はおろか平日でもかなりの賑わい。
昨日も平日+時化模様であったにもかかわらず、10隻近くが
春のポイントに集結していました。

そのテンヤ釣りですが、最近まではビシヨマという手釣りが
主流だったのに、今では竿を使った方がメインといっていいくらいに
なってきたようです。

趣味の釣りであれば、やはり魚の引きは竿を通して味わいたいもの。
しかも軽くて、短くて、扱いやすく、小型両軸リールから
引き出される強引は、一度味わうと病みつきになるといっても
過言ではないと思います。

ところが、エサを使った竿テンヤが増えている一方で
タイラバが減っている事実・・・これは一体どうしたことでしょう。
ゲーム性からいえばエサを付けない方が圧倒的におもしろく
それでいて大型はエサ有りよりエサ無しの方が確率的に高い・・・。

にも関わらず、不人気の理由・・・
それは、ハッキリいって難しいテクニックやタックルのうんちくが
邪魔しているのです!!!

ルアーから入ってきた人には分かっても
磯釣りや船釣りから入ってきた人には、難しいことは通用しません。
カブラの形状、素材、カラー、ネクタイ、スカートetc・・・いらんこったい!です。
私は石鯛クラブに属していて、多くの石鯛釣り師と交流がありますが
その中の数十人が一時期タイラバに挑戦しましたが、
今では誰も行こうとはしません。
その理由は「あれこれ替えるのが面倒臭い」「ややこしい」です。

竿の名前にしてもそうです。
タイラバや竿テンヤで使いたくても、表記がほとんど英文字かカタカナ。
これでは何を選んでいいのか分かりません。
せめてタグに「タイラバ用」「竿テンヤもOK」と書いてくれていれば
いいですが、そんな心優しいメーカーは少ないです。
実際、フィッシングショーで「おたくの竿でタイラバ用はどれですが?」と
尋ねたら「え~っと、どれかな~?」とメーカーの人が迷ったくらいですから。
20110324img.jpg
平日の遊漁船は年配の方がほとんど。「年配の人が来なかったら遊漁船は成り立たない」
というのが本音だと思います。そんな方々に分かりやすい釣りが必要なのです。





すいません、前置きが長くなりましたが、この日はポイント到着時からシケ模様で
しかも水温が下がっていたために無反応・・・テストも何もあったもんじゃありません。

唯一、反応があったのは一つテンヤで、同行のタイラバマンさんが
船長のタックルを拝借してマダイをGET!
20110324-1.jpg

20110324-2.jpg
しかし、お次はコイツ・・・隣にいた私とオマツリ・・・ライン返せ~~~!!!

20110324-4.jpg
根物は大きなボッコやアオナが釣れました。

20110324-3.jpg
納竿1時間前になってマダイが中層に浮き、するするラバーで3人同時ヒットするなど
賑やかな場面もありましたが、テストは中止・・・残念な一日でした。


くどいようですが、磯の上物釣りが急降下で人気に陰りが出たのは
フカセのウキ釣りが極端に難しくなってきたからです。
ウキを最初から沈めて釣る・・・ダメです、無理です、やりたくありません!

釣りはシンプルに楽しめてこそ、長生きできる釣りとなるのです。
九州のタイラバでは、今後もシンプルで、楽しいタイラバにこだわりたいと思います。













COMMENT

Comment Form
公開設定



難しくするから増えない!?


まったくおっしゃる通りと思います。 TGオルカでは、いろいろなチューニングとかも紹介しましたが、はっきり言って、ノーマルでも釣れるのだから、チューニングなんて、いらんこったい! なのです・・・(反省)
で、今回の、するするラバーは、ノーマルで釣れる!! 何もいじらなくていい!! にこだわりました。 
結果、マスターも納得の製品になったと自負しています。 本当、シンプルイズザベストです。

    クヤ男
    URL
    2011.03.25(Fri)
    Edit
すいません・・・!


なんか荒っぽい書き方だったなあ・・・と。
でも、本当にそう感じてます。
今度のするするラバーは、まさにシンプルイズベストですね。
ノーマルでよく釣れますもん(笑)
次の新作も簡単なのがGOODです!



    マスター
    URL
    2011.03.25(Fri)
    Edit
考え方


ご無沙汰してます。
難しく考える? う~ん、難しいですね。
釣りに行けない時に、あれこれ考えるのも釣りの楽しみなのですが(^_^)☆
私の場合、全てお膳立てされた釣りは嫌いなので・・・

    まっつん
    URL
    2011.03.26(Sat)
    Edit
確かに!


まっつんさん、こちらこそご無沙汰しております。
あれこれ考えるのも楽しいですね。
天草もそろそろですかね?
朗報をお待ちしております!

    マスター
    URL
    2011.03.26(Sat)
    Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。