06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -








スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










玄界灘のタイラバ 「壱岐沖の根魚団地」



こんにちは、タイラバマスター2号です。

週末はタイラバマスター1号さんと玄界灘壱岐沖に行ってきました。

結論からいうと先週に続いて状況はよくありません。
それでも、色んな高級魚が飛び出して、お土産は確保させてくれました。

20100405-1


今回お世話になったのは、遊漁船 「なら丸」です。
なら丸は昨年から本格的に遊漁船を始められて、「ジギング、タイラバ、一つテンヤ、サビキ、うき流し...」と色んな釣りを楽しませてくれます。

20100405-2



オーナーの楢林船長のネットワークは凄くて、色んなポイントを良く熟知してあります。
今回も、釣れない(釣りきらない?)私達の為に、パラシュートアンカーを何度も上げ下ろしして、ピンポイントを細かく攻めてくれました。

今年の玄界灘はおかしいですね。
昨年が良過ぎただけなのか、今年は登り鯛(鯛の乗っ込み)が遅れています。
天候が不安定なのが原因かも知れませんね。

20100405-3


ベタ凪になった日曜日「今日は釣れるぞ!」と頑張る、タイラバマスター1号さんです。

まだポイントは、やや深場だろうという読みもあって
釣場は壱岐沖の水深60~100mまでを攻めてみました。

20100405-4


カブラはビンビン玉の60~80g、炎月の70~90gをチョイスしました。
ヘッドやネクタイのカラーも色々試しましたが、これといってヒットパターンを見つけることが出来ませんでした。

ベイトはイワシやイカナゴが殆どのようです。

あまり活性が低いので、船もベイトが付いている、根回りや駆け上がり周辺をピンポイントで狙います。
魚探にはしばしば真っ赤なベイトボールが写っています。
底には鯛らしき反応も!

底から中層まで比較的速めの高速リトリーブで攻めてみました。

20100405-7

魚探にベイトが消えた頃、船長にゴーマルヒットです。

私にも底から10m程巻いたところで、ゴンゴンっといきなりヒット!

20100405-8

上げてみてビックリ!
今まで見たことの無いようなビッグなアラカブ(カサゴ)です。
検量したら、42cm2kgもありました!
後でさばいたら、胃袋から10cmくらいのカワハギが丸ごと出てきましたよ。

アラカブ・沖アラカブ・アコウ・マトウ鯛...
その後も色んな魚が我々を楽しませてくれました。

お土産には持ってこいですね。

餌無しで、こんな美味しい魚が釣れるのも、タイラバの魅力です。








COMMENT

Comment Form
公開設定




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。