04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -








スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










完敗!



マスターです。

昨日は壱岐沖に釣行しましたが、まさかまさかの完敗・・・!
かろうじて納竿直前に小型を1枚釣りましたが
ノッコミ最盛期というのに大失敗してしまいました。。。

久々のタイラバだったので感覚が鈍っていた、
いやヘタクソになっていた!というのが真相ですが
昨日は思った以上に波があり、マダイが当たっても
途中で離すという最悪のパターンに陥ってしまいました。

とくに身長が184㎝ある私の場合、昨日乗船した船は
船べりが低く、膝下になるため波で揺れるたびに前方に落ちそうになります。
最近手すりを付けているので、実際に落ちることはないと思いますが
体の重心を後方にあずけていなければならず
ブリッジの一部にお尻を押しつけた恰好でやるのが精一杯。

しかし、このような態勢では当たりに対して
スムーズな巻き取りができず、本当たり前に
パッと離してしまいます。

唯一、船尾側でやればクーラーに座ってできるので
少々の揺れは大丈夫ですが、昨日は他に5名が乗船したためNG。
前まではくじ引きで釣り座を決めていたと思いますが
いつから「取った者勝ち!」になったのか???

で、船尾では竿が安定するため70㎝、80㎝が連続してヒット。
しかし、船首側ではまったくダメ・・・!
釣り始めて30分で「今日は終わった・・・」と思いました。

また、最初は竿テンヤのあるテストをするため
活きエビを付けてやりましたが、これが大外れ。
すでにノッコミ本番を迎えている今の時期はマダイが中層に浮いて
いるため、活きエビよりカブラに集中して当たり
活きエビではレンコがほとんど。
実際、昨日の各遊漁船の釣果をネットで見てみると
タイラバが数型ともに勝っています。
※注)一部の遊漁船では竿テンヤをタイラバと称しています。

何度かマダイの当たりもありましたが、竿テンヤでは一気に
食い込むことがなく、ガツガツとエビを囓るように食うため
竿に乗るまでちょっと時間がかかります。
しかし、その間に波がきて体がふらつき竿がぼよよ~ん! 
釣れるワケがないです。

次回は、少々の波でも安定して竿が出せる(リールが巻ける)
船に乗って、タイラバオンリーで挑戦したいと思います。

(オマケ情報)
昨日は、遊動式カブラより、従来のタングステン(固定式)が
良かったようです。
う~~~ん、その理由をマダイに聞いてみたいです(笑)



















COMMENT

Comment Form
公開設定




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。