09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -








スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










募金用ステッカー作成します!



マスターです。

地震の被害は本当に痛ましいです。

本当は現地まで駆けつけたいのですが、そうもいかないため

私が運営しているビッグワンで義援金を募ろうと思いステッカーを製作しました。

義援金ステッカー


ステッカーは送料込で1枚500円。

この売上を義援金として送ります。

さっそく今日の午前中に私の釣り仲間や釣り船関係に連絡したところ

みなさん気持ちよく協力していただけるとのこと。

持つべきものは釣り仲間ですね!

詳しいことは、来週22日にビッグワンにて掲載します。

よろしくお願い申し上げます!















協力できること



マスターです。

今回の地震について何も書くことはありません。

ただただ、一人でも多くの生存者がいることをお祈りするだけです。

遅ればせながら、Yahoo!基金に協力させていただきました。

Yahoo!はこちらから募金できます。

釣りやアウトドアを通して、何か協力できることがあれば・・・。










進捗率20%???



マスターです。

現在、サイト内の記事をせっせと書いています。

といっても、完成まであと80%くらい書かないといけません(>_<)

内容は・・・だんだんと中高年向けになってきています(笑)

それと平行して、九州のタイラバオリジナルのグッズも

あるメーカーさんと意見交換中。

実現できるかは???ですが、どこを見回しても「ない!」ものは

作る(作ってもらう)しかないですもんね。

とにかく、期待しないで、期待してて下さい(何のこっちゃ・・・爆!)













間一髪!!!



最近、小ダイに弄ばれているマスターです・・・
しばらくナナマルはおろか、ゴーマルでさえ釣っていません。
バイトもありません・・・これって何でしょうか・・・
スランプ、それとも腕の下降・・・う~~~ん悩みます。


とまあ机上で頭を抱えていても答えは出ないので
昨日、潮が小さいことを承知で玄界灘に繰り出しました。

結果からいうと、またまた小ダイのオンパレードに終わったのですが
それよりも、長い釣り歴で「ヤバイ!」と思える出来事に遭遇しました。

いつものように船尾からパラシュートアンカーを入れ
のんびりムードで釣っていると、
遙か彼方よりモーターボートがこちらに向かって近づいて来ました。

最初は「よく飛ばしているなあ」くらいにしか思っていなかったのですが
だんだんと我々の船に向かって来ているではありませんか。
しかもスピードは全然変わらず、まさに一直線に向かって走ってきます。

その距離おそよ500m、300m・・・げげげ、マジ???

隣で竿を出しているKさんと「ヤバくない? ヤバいよ、うわ突っ込むばい!」と
声を荒げましたが、咄嗟のことでどうしていいかわかりません。

最悪、海に飛び込もうと思いながら、さらにこちらに向かって突っ込んで来る
モーターボートを凝視していると、あと50m、いや30mくらい前になって
ようやく左の船尾側に舵が切られました。

が、避けたのが遅すぎたため、こちらの遊漁船のパラシュートアンカー用の
ブイの上をモロに走り抜け、「ガガ~ン!」という衝撃音が。

同時に船にもやっていたパラシュートのロープが引っ張られ
ブチッ!とぶち切れる有様。

すると一瞬、そのモーターボートは止まりましたが
こちらの船長が声を掛けようとした途端、全力で逃走!!!

すかさず船長は追いかけようとしましたが
パラシュートを回収しなければならず、ロープをたぐり寄せているうちに
モーターボートは視界から消えました。

幸い、ロープの破断箇所が船尾からすぐのところだったので
その後、再び釣りをすることができましたが
マジで肝を冷やした一日でありました。

タイラバをはじめ、ここのところ九州では船釣りが人気急上昇です。
しかし、その反面で安全面も再認識しないといけないと
真剣に考えさせられた今回の出来事でした。

もし、あのままのスピードで衝突していたら・・・
たぶん大怪我くらいでは済まなかったと思います。

海では、みんなで安全を確認することも大事です!!!
もっと早く声が出るようにしなくちゃ!!!反省!!!















新しい攻略法???



昨日、浮気して磯に行ったら、ものの見事に振られてしまったマスターです(泣)

場所は長崎県五島列島の椛島(かばしま)っていうところで
狙いは石鯛だったんですが、とにかく釣っても釣ってもハリに掛かって
くるのはイラ(通称=ハトポット、またはテンス)・・・ばかり。

まあ、それはともかく、磯の沖合にボートがいたので見ていたら
どうもタイラバをやっているような???
五島でも最近タイラバをやっている人が増えたと聞きますが
実際に目の当たりにすると、超超超ウラヤマシイです。
だって魚の宝庫ですもん。
どなたか五島のタイラバ遊漁船をご存知の方がいたら
ぜひ情報お願いします!!!


さて本題。

先日、久々にタイラバに行ったときのこと(ちなみに私の久々とは10日くらいです・笑)。
釣っている最中に電話がかかってきたので、竿を横に置いて話していると
竿先がコツコツと叩かれ、いきなりギュイーンと急降下!!!

あわてて電話を放り投げて合わせを入れると、マダイ特有の引き。
上がってきたのはコレでした↓
P1010559.jpg

P1010560.jpg

カブラは底付近でぶらぶらさせていただけ。
もちろんエサなどは一切なし。

にもかかわらず、コツコツギュイーン!

実をいうと、過去にも似たような経験があります。

そのときは水深100mのディープでやっていて、
カブラを回収中に電話がかかり、中層で巻くのを止めて竿を脇に挟んだまま
話していると、前当たりもなにもなく、突然グワ~ンと竿が突っ込みました。

手応えからしてかなりの大物だったと思いますが、
電話をポケットに入れるなど、やり取りをするまでにロスタイムが生じてしまったため
魚が走り、他の釣り人とオマツリして結果的にハリ外れに。。。
おそらく70~80㎝はあったと思います。

いずれにしても、何もしないで水中でカブラをブラブラさせるだけで
釣れるパターンってありかも!?

みなさんは同じような経験ありませんか?
もし「こんなことがあった」という方がいたら、ぜひ!!!

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。